ほうき星を追いかけて

星のこととか、日々感じたこととか、いろいろ。

(遅ればせながらの)蟹座新月

(※ちょっとしたミスで予約投稿ができていませんでした。旬の過ぎた話題ではありますが、それでもいいよという方はお読みください)

こんばんは、わかばです。

昨日は蟹座新月でしたね。月のホームグラウンドである蟹座。密な空気と温かさ、若干の不安定な要素を含む星座にスポットが当たっています。配置もまた偏っていて、他者との関わりに重きを置いているーー。あえて言い方を悪くするならば、他人に流されてしまいそうな新月図でした。

サビアンシンボルのみに焦点を当てますと、模倣、それから密な関係を作り上げることは蟹座の得意分野です。組織のような、いわゆるピラミッド型の集団は山羊座の管轄にありますが、仲間内での集まりは蟹座が担当しています。イメージとしては、中学生の子たちが仲良しグループを作っているような感じ。今回の主役は、服を着た(=人間の模倣)うさぎたちです。月とゆかりのある多産のシンボルですね。それらが行進をしています。

蟹座8度 「パレードをする服を着たうさぎたち」

これは楽しんでいるのか、それとも集団の中で模範的な行動をとっているのか。読む側の視点によって変わりますね。

個人の流れとして読むのなら、これほど楽しい新月図は他にないでしょう。ある種のお気楽な態度によって失敗する可能性、土足で相手の心を踏みにじってしまうような浮ついた雰囲気があるものの、大抵の場合は上手くいくはずです。挨拶を交わす程度の仲から一歩踏み込んだ関係へ(Asc天秤座からMc蟹座の流れ)。また、水星や金星の様子から、興味は外にあってとにかく人と交流したい。そういった願望が垣間見えます。

ところが、これが大きな流れだとどうなるか。非常に優柔不断な顔が現れてきます。

先ほども申し上げた通り、今回の新月図の配置は偏っています。主体は外に流されやすい状況にあり、また、興味や関心もそこに留まっている。にも関わらず、彼らは内側に目を向けなければなりません。そう、何となく強制的な香りがするのですよ。あくまで私が感じ取った限りではの話になりますが。

ここでAscに目を向けてみましょう。サビアンシンボルは天秤座9度、「アートギャラリーに飾られた3人の巨匠」。華やかかつ洗練された雰囲気、それからにじみ出る権威性といったところでしょうか。3つの顔は成熟した彼らの姿と天秤座の柔軟性を表しているようにも思えます。

一方でMcは蟹座10度、「完全にカットされていないダイアモンド」です。美しいサビアンシンボルですが、どこか粗削りな印象がありますね(実際にはまったく削られていないのかもしれません)。ただただ、大きな可能性と希望が転がっている。言い換えれば、作りこまれていない=計画性がないとも取れます。

そこで、最初に紹介した新月サビアンシンボルですよ。うさぎたちは喜んでいるのか?それとも同調しているのか?外側に大いなる関心を持ち、完璧な顔を保つことを望みながら、内側を曖昧にする主体に。

……曖昧は言い過ぎかもしれませんね。でも、おざなりにされているような感覚が否めないんです。それくらい、外面が良すぎる(笑)

とまあ、だいぶ捻くれた視点ではありますが、私が読み取れたのは以上になります。個人としては楽しそうで何よりですね。大きな流れをどう捉えるかは、皆様のご想像にお任せいたします、ということで。

それでは、実りある一日をお過ごしください。




追記:逆行中の冥王星が4室(蟹座のナチュラルハウス)にいらっしゃるのもまた興味深いですね。彼は何に対して見直しをするように圧をかけてきているのでしょう。

100パーセント自分の理想に適う人間など存在しない


みんな違ってみんないい(二度目)


そういうわけで、占い師じみたことをしている私ですが、以前は恋愛ものの相談も承っておりました。

まあ、お客様のほとんどが大学生でしたからね。少し経てば個性だの資格だの就活だの悩み始めますけど、その時は占いどころではなくなりますし。逆に高校生は進路についての相談が多かったです。アドバイスのみにしかカードを使わなかったので、もはや進路指導になっていましたが。

やっぱりね、大事な決断はタロットなどに頼らない方がいいんですよね。自分の頭から絞り出した結果を信じるのも大事です。いや、むしろそっちがメインか。タロットはあくまでツールだしな。意思決定をカードに委ねるとろくなことになりません。結局、他人任せの人生は不満を残します。

wakaba-star26.hatenablog.com

話を戻しますが、恋愛の相談を受けていると必ずといっていいほど出てくる話題がありまして。お察しの通り、運命の人に出会えないという相談内容です。

それだけなら「焦らなくても大丈夫、カードで見てみるね」だとか、「ちょっとトランジットを確認してみるね」ですとか、こちらもそれなりに対応ができるのですが、困ってしまうのが「理想通りの人にいつ会えますか? 」という質問です。タロットに聞けないこともないけれど、あなた次第ではないかな。場合によっては、めちゃくちゃ厳しい結果が出てしまうけどいいの?……そう思ってしまいます。

別にね、理想を抱くのはいいんですよ。夢は成長の源です。だけど、その理想が王子様/お姫様のようだと難易度が高くなるというか。そう、口では普通の人がいいと言いながら、

「身長175㎝以上、年収も600万円以上。慎ましやかに整った顔立ちの持ち主。メンタルは安定していて弱音を吐かない。清潔感があって、センスがあって、優しくて……。浮気、ギャンブル、タバコ?絶対にしない。ついでにスポーツか音楽かに秀でていれば最高」

「身長160㎝以上(だけど俺よりは小さい)、年収500万~600万。美形かつ肉感的な肢体を持ち、それでいて清楚な立ち振る舞いをする。もちろんオナラなんてしないし、浮気もしない。だけど、自分の浮気は許してくれる。娼婦と淑女の顔を上手く切り替えることができる大和撫子。そうそう、年齢は20代でよろしく」

このような条件を掲げていると、ね。当てはまる方はいらっしゃるのでしょうけれども。

非常に書きづらいのですが、質問者が出会う努力すらしていないと、「本当に選ばれる覚悟があるのですか? 」という結果が出てしまったりするんです。ですから、まずはお仕事のスキルを磨いたり、趣味を作ってみるのはどうかと提案させて頂くのですね。人間、何かに打ちこんでいる時は魅力的になりますから。道中、好感を持てる相手に巡り合う可能性もありますし。

とはいえ、上記のような例はまだ易しいほうです。条件がはっきりしていますから。問題なのは、無意識に理想が高い方です。

「私、頻繁にステージが上がるから、人間関係が長続きしないんですよね。私の高い波動にも耐えられる人と出会いたいんですけど」

出た。ネクストステージ型。

キミ、スピリチュアルかじってるね。よし、仲間だ。一緒に冒険に出よう。

ステージや波動については否定するつもりはありません。気分がどんよりしている時は暗いオーラを放ちますし、心境の変化がきっかけで友人と疎遠になることもあります。ただ、毎回人と上手くいかなくなるのなら、それは自分側に問題があると考えた方がいいでしょう。

この手のタイプは、自分が不完全であるということを棚に上げて、相手の欠点ばかりに目を向けます。だから、一度や二度の摩擦で音信不通になる。そもそも人同士なんて、合わないことがデフォルトでしょうにーー。だって、同じ環境で育った兄弟ですら、上手くいかないことがあるんですよ。他人と最初からツーカーなんて、奇跡を願うようなものでしょう。大体、嫌いなところを含めて一緒にいたいと思うのが、恋人や友だちのはずなんですけどね。

そういったことを柔らかく伝えると、大抵の方は「そんな人と無理をして付き合いたくない」と言います。では、欠点が見えてもダメージがないように浅いお付き合いをしたらどうかと勧めると、今度は「薄っぺらな人間関係は嫌だ」とおっしゃる。

ふむ、その矛でその盾を突いてみてはどうかね

人と関わりたくないのなら、そのままでもいいと思いますけどね。人間不信な人、一人が好きな人、孤独に安らぎを覚える人。この世の中にはたくさんいらっしゃいます。そういった方々に私の考えを理解しろとは言いません。生き方なんぞ個人の自由でございます。

ただ、誰かと深い関係を結びたいのなら、完璧すぎる空想は捨てた方が上手くいくのではないかと思います。自分と同じように相手も生きた人間なのですから。

100パーセント理想通りの人間なんて、この世にはいないのです。



梅雨、小さな楽しみ

あえてド深夜に書いています。真夜中のわかばです。こんばんは。

ブログの方ですが、最近サボっちゃってますね。すみません。そういえば、去年失踪したのもこの時期だったような気がします。暑いと頭が働かないんですよね。星関連の記事を書いているのですが、そう難しい内容ではないのに筆が進まなくて困っています。こういう時は休むのみ。ご飯を食べて、泳いで、たくさん眠ればきっと回復するはずです。あえて欲を言うならば、ゴジャハギを召喚したい。寒いと頭が冴えますから。季節も冬が一番好きです。

youtu.be
(ただ待機しているゴジャちゃん。モンスターの中で4番目に好き。雪鬼獣という字の並びも素敵です)

季節といえば、現在は梅雨の期間に入っているわけですけれども。皆さまは雨はお好きですか?

嫌いではないけれど、鬱陶しいという方がほとんどでしょうね。髪型は崩れるし、頭痛がするし、洗濯物はカラッと乾きませんし。雨の激しい日に道を歩くと、パンプスの中がぐちゃぐちゃになってしまいます。濡れたストッキングがまた気持ち悪いんですよね。ええ、例に出したことは全て直近で体験したことです。何はともあれ一応、南無阿弥陀仏

そんなわけで、心にカビが生えつつある私ですが、唯一好きなのが雨上がりの朝です。だって、こんなものを見せつけられるとねえ。

宝石類にはあまり興味がありませんが、自然の雫を模した作品が存在するのならぜひ手に入れたいものです。それくらい美しい。陳腐な表現で興ざめもいいところですが、自然のダイアモンドですね。すぐに消えてなくなってしまうのもポイントが高いです。儚さを愛でるのが我々日本人の常ですから。

撮り忘れてしまったのですが、主人が不在のクモの巣もなかなかに綺麗でした。シャンデリアの発想はここから来たのではないかと思うくらいです。そういえば、イギリスには水中に泡のようなもので巣を作るミズグモだかアワグモだかがいたはずですが、日本にも生息しているのでしょうか。もしいるのなら、ぜひ陸に出張して頂きたいです。彼らの透明な体は、雨の景色によく似合うことでしょう。

自然は神様からの贈り物、ですね。

鬱々としがちな6月ではありますが、こういった身近な楽しみを栄養にして切り抜けていきたいと思います。ブログの方も、今年こそ失踪しないように頑張ろうっと。月に1記事くらい上げておけば、継続になるでしょ。ハードルを下げるのは大事です。

というわけで、皆様も素敵な休日をお過ごしください。




梅雨といえばアジサイとカタツムリですが、友人から「でんでんつかめない 君のこと でんでん知らないうちに いぇあ」という奇怪なメッセージを頂いたことがあります。多分、ボーカロイドの曲の歌詞だと思うんですけど……。

キーボードが壊れていたのか、それとも故意に打ったのか。いずれにせよ、カタツムリの求愛ソングみたいで笑いました。

私のLINE相手はジェレミーだった……?

www.sankei.com